実績と自信、成功体験にまつわるマル秘エピソード

いつもお世話になります。
翔矢です!

実績と自信と成功体験、
といったキーワードのエピソードがあったので、
それをお話させて下さい。

こっそりお話しますね。笑


小学6年生のころ、
勉強はちょっとはできたけど、
すごくできる!というわけではありませんでした。

なので、中学デビューを狙っていました。

そのほうが目立つ!モテる!
といった短絡的なモチベーションでしたがw、
結果的に学年で3位、高校もトップ入学するまで行きました。

そのときに取った作戦エピソードです。


まず、目的が「目立つ!モテる!」だったので、
とにかく際立った実績が欲しい!と思いました。

「翔矢は勉強がめっちゃできる」
というイメージは、誰にも持たれていない状況から、
「アイツめっちゃできる!」に持っていくために、
僕が取った作戦とは、、、

ちょっと煽る書き方して、すみません。笑

英語だけにエネルギーをフル投入する、
これでした。


僕の中学生の頃、
小学校では英語の授業はなかったため、
誰もが英語はスタートラインが同じでした。

狙い目だな、と小学生なりに考えました。

なんか1教科でも学年1位のレッテルが手に入れば、
とりあえず目立つという目的は達成されるからです。

短絡的ですね、、、笑。


そして、いざ、実行に移しました。


死亡しました。

コケたんですよね、最初のテストは。

めっちゃ悔しくて、
返却されたテストをビリビリに破いたのを覚えています。

しかしそこで、めげなかった僕は偉かった。笑


とにかく目立つためには、
英語1位という実績が必要だと思い込んでいたので、
毎日、英語の予習をしまくりました。

授業で使う問題集みたいなものを、
どんどん1人で進めていき、先に1周しました。

すると授業ではいい感じに復習ができて、
周りより先に答えを知っているので、
少しずつ英語できるキャラとして認知され、
「翔矢ー、ここ教えてー」
という声が増えていきました。

教えていくたびに、理解が強化されていきました。

そして迎えた2回目のテストでは、
英語は90点台でした。


めちゃめちゃ嬉しかったのを覚えています。

さらに予習は加速し、
テストでは毎回96〜98点くらいで
「翔矢は、英語だけ学年1位」
という実績を獲得しました。

目立つ上に、モテたかったので、
筆記体を練習しまくり、
テスト用紙にも解答をすべて筆記体で書いたりしてました。

女子に、
「筆記体で私の名前書いて〜!」
って頼まれるたび、よしよし、いいぞと思ってました。


ここで、当初の僕が立てた目標
「目立ちたい!モテたい!」
というのは達成されたわけですが、
まだ続きます。


「英語は学年1位」という実績にあぐらをかき、
他の教科はまったく勉強していませんでした。

むしろ、勉強しすぎると、
英語の点数がかすむ、とすら思っていました。

アホですね。笑


しかし、転機が訪れます。

英語の担当教師は、
いつもニコニコし、
平均点以上を取った人には誰でも
「すごいじゃないか〜!^^」
というような人でした。

ある日、僕とその先生の2人になった時があって、
その先生がマジな顔で語り始めました。


「翔矢な、英語ができるのは本当にスゴいことなんだぞ。

 英語の教師をずっとやってきてるからわかるけど、
 英語は誰でも頑張ったからと言って出来る教科じゃない。

 でも逆に、英語がそこまでできるやつは、
 例外なく他の教科もできるんだ。

 だから、お前は絶対に、他の教科もやればできる。」


もう、めちゃめちゃ心に突き刺さったのを覚えています。

正直、最初は勉強がそこまで出来る人間じゃなかったので、
他の教科はできないんじゃないか?
頑張ってもできなかった自分を見たくない!から、
英語の成功体験にしがみついていたんだと思います。


それから、テストの総合点の順位がぐんぐん上がっていきました。

学年で半分くらいの順位から、
3位まで登りつめました。


自分はやればいける、と確信していたから、
そこまで登っていけたんだと思います。

「英語」という自分にとっての絶対的な自信があったからです。


なにが言いたいかと言いますと、
実績って一点集中でいいんじゃないか!ってことです。

「自分は勉強ができる」
と思えないと、やっぱりできるようにならないわけですが、

いきなり全教科できる自信をつけなくても、
足がかりになる一点突破の実績があれば、
それが自分の自信になるなぁと思ったわけです。

これなら負けないぞ!と思ってるから、
負ける部分があっても、めげずにやれるって感じです。


まずは一点突破の実績作り。

僕も、英語の実績があったからこそ、
先生からめちゃめちゃ大きな応援をもらえたわけで。

どの教科も中途半端に頑張っていたら、
学年3位までいけなかったはずです。

周りの友達や女子たち(←重要)も、
僕に「英語学年1位」という実績があったから、
応援してくれていたんだと思います。


そんな感じで、

ネットビジネスにも5教科7科目、
的な感じで複数フィールドがあると思いますが、
中でも文章(ライティング)に特化した実績をまず作りたいと思います。

「あいつ、ライティングだけはやべえ」

というところから、
気づけばマーケやら集客やらも、
ぜんぶやべえと言わしめたいです。


僕の文章はまだまだです!

ただ書くのが好き、という「自己満足」のレベルで、
「価値提供」のレベルまでいけてない。

インプット・アウトプット祭りを常時開催していきます。


読みにくい箇所もあったかと思いますが、
読者さんが読みやすいように!
と僕にできる最大限の配慮を込めて、この程度です。

まだまだ、伸びしろがあります。

英語のテストも、最初はビリビリに破きました。

そこから伸びていきました。

文章も、そうやって伸ばしていこうと思います!


お読みいただき、本当にありがとうございます!

いかがでしたでしょうか?

少しでも刺激になっていれば、嬉しいです。

僕もまだまだファイトです。

それでは!


翔矢

======================

ビジネス開始から

4ヶ月で200万円超の収益化

に成功した”秘密”を無料メルマガで公開中。


秘密の1つ、

「アウトプットを爆速にする方法」

を解説するセミナー動画を
期間限定で配布中!


メルマガ内では、
ブログじゃ言えない濃い話もしています。

すべて無料です。