ぶっちゃけ!どうすれば仕組み化で食べていけるのよ?

こんにちは、しょうやです。

ぶっちゃけ、仕組み化で食べていける状態って、
\いかほど〜?/\どんだけ〜?/

っていう、やや懐かしい香りのする疑問に、
サクッと「そういうこと化」します。


結論、
==========
バックエンドを作ったとき
==========
です。


フリーコンテンツ
\      /
 フロントエンド
  \  /
  バックエンド

↑っていう、ファネル構造はOKですよね?


むーーーーちゃ大事なこと言いますが、
「フロントエンドだけで食べていこう!」
は、修羅の道です。

すぐに利益を出したい気持ちは分かりますが、
ここで一休さん登場です。

「慌てない、慌てない」

一休み、一休みはしなくていいですが、
ビジネスとして成立するのは、
「バックエンドが売れたとき」
だと、心に刻んでおいて下さい。


ぽくぽくぽく、とね。


あ、ちなみに、
この構造は「リアル店舗」でも同じで。

よく「売上あがらーん」と困ってるお店は、
チラシとかネット広告を出したら、
来てくれたお客さんの
「最初のお買い物」
で黒字化を図ろうとしがちです。


↑大事なミソですよ。ミスなんですが。


例えば、1人のお客さんを呼ぶために、
3,000円の広告費が掛かりましたよ〜と。

で、2,000円のお買い物してくれたよ〜。

赤字やん!!!!

失敗した!!!!!

ではなくて、大成功なんですよ。

だって、フロントエンド買ってくれたんですから。


赤字でもなんでも良いから、
フロントエンドで一本満足してもらって、
「バックエンド」を買ってくれたら・・・

そう、ビジネス成立です。


で、そのバックエンドでさらに一本満足してもらったら、
他のバックエンドも買ってくれる
「ざ・リピーター」
になってくれたら・・・

そう、ビジネス大成立です。


この大成立状態を、
情報発信ビジネスで仕組み化(≒ステップ化)できたら、
そりゃ、仕組み化で食べていけますよねってことです。


ていうか、仕組み化してもしなくても、
「フロント→バック」
の構造が作れれば、食べていけます。

脱サラできます。

あえて「仕組み化して食べていくには?」なんて、
キャッチーなテーマにしてみたんですが、
結論は一緒。


自分のビジネスで食べていけるのは、
「フロントからのバックエンドが売れる状態」
を作ったときですよ。


↑鬼大事な原理原則なので、
心にぽくぽくぽくと刻んでおいて下さいね。


今回は超☆原理原則の話でした!

それでは、また!

ありがとうございました。

======================

ビジネス開始から

4ヶ月で200万円超の収益化

に成功した”秘密”を無料メルマガで公開中。


秘密の1つ、

「アウトプットを爆速にする方法」

を解説するセミナー動画を
期間限定で配布中!


メルマガ内では、
ブログじゃ言えない濃い話もしています。

すべて無料です。